キレイを知ろう!美貌と若さを司る天然由来の希少成分

絶世の美女も愛用した希少食材!

高級食材の代表格に挙げられる「ツバメの巣」は、歴史ある中国の医薬書にも記載される漢方食材の一つなんですよね。このツバメの巣とは、タイ、マレーシア、インドネシアなど、東南アジアのごく限られた地域に生息するアナツバメがつくる巣で、絶世の美女も、その美貌と若さを維持するために愛用したと伝えられているんですよ。断崖絶壁の洞窟の奥深くに巣をつくることから、採取には特殊な技術を要し、大変な危険を伴いますから、希少な食材となっているんですよね。

「ツバメの巣エキス」の特徴とは?

ツバメの巣は、中国では古来から高貴な身分の人々しか食することができない希少な食材として扱われてきたんですよね。現在では、各国で採取の時期、採取量などが制限されていて、天然物は極めて希少な品として扱われているんですよ。日本で一般に見られるツバメがつくる巣は、泥や枯れ葉を固めてつくられていますが、アナツバメの巣は、ほとんど全てが唾液腺の分泌物でできていますね。「ツバメの巣エキス」は、この希少なアナツバメの巣から抽出されるエキスなんですよ。

キメやハリをサポートし、若々しい肌を保つ!

「ツバメの巣エキス」の主成分は、唾液腺分泌物に含まれるタンパク質と多糖類が結合したムチンで、複合糖タンパク質をつなぐシアル酸を豊富に含んでいるのが特徴ですね。シアル酸は、もともと人間の体内にも存在し、免疫力の維持や美しい肌を保つ役割を担っていると言われるんですよ。シアル酸を豊富に含んだ「ツバメの巣エキス」は、美容面では、肌のキメを整え、ハリや弾力を保つ働きをしてくれますね。加えて、シミ、シワ、たるみを予防し、若々しい肌を保つ働きも期待されているんですよ。

品川美容外科の2chについて調べる